お酒(アルコール)のコスパは最悪。有意義な時間の使い方とは。

こんなツイートを見つけました。会社員をしながら、時間の隙間を見つけてはブログを更新しています。眠い目をこすってコツコツ資産を作り始めましたが、時間は他のものに代え難いほど貴重であるということを身をもって体感しています。ブログを作成する前は、家でダラダラしてお酒飲んでyoutueみての繰り返しの日々でしたので、生産性のない日々を過ごしていました。

無理やり時間を作ることをしているからこそ、無駄な飲み会には出席したくありません。ましてや飲みすぎて二日酔いなんて勿体なさすぎる気がします。しかし、たまに飲むお酒がまた美味しいですけどね。

今回は有意義な時間の使いかたを考えてみました。

新しい体験に時間を使う

会社員あれば、平日は会社と家の往復だけという人がほとんどなのではないでしょうか。そういえば、新しいことに挑戦せずに気づいたら1〜2年経っていたなんてことは大いにあると思います。忙しい会社員だからこそ、意識的に挑戦する機会を作らなければなりません。

ぼくは会社周辺の飲食店に詳しくなろうと平日は意識的に外食をしています。自己紹介の時の趣味として公表しているので、上司などにも会話のネタに良くなります。

新しい体験をすることで、自分の成長を感じたり、自分の視野を広げるのも有意義な時間の過ごし方なのではないでしょうか。飲みすぎて次の日の休日にありがちな昼まで寝てしまったなんてことがないように、休日の午前中も活発に過ごすことをお勧めします。

人生は長期戦なので体のメンテナンスは本当に大切

社会人になってすごく感じるのは、睡眠や運動の重要性です。睡眠が不十分だと一日のパフォーマンスが低下してしまします。特に、飲み会の日は睡眠時間が低下したり、アルコールによって睡眠の質が低下するため、次の日の体調には十分に気をつけなければなりません。

多忙でも成果を発揮している会社員は忙しい合間をぬって体のメンテナンスをしっかりとしている傾向があります。

睡眠や運動は1時間程度の少しの時間を増やせれば、充実した日々を過ごせるようになります。そのため、飲み会はほどほどに飲みすぎないように気をつけて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。飲み会は楽しいですけども、やはり飲みすぎは必ず後悔してしまします。忙しいからこそ、時間は大切に有意義なものにしましょう。

少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

【必勝】会社の飲み会を確実に断る言い訳

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です