かぼちゃの馬車問題とは。格安シェアハウスは要注意です。

シェアハウスの問題としてかぼちゃの馬車の未払い問題があります。

かぼちゃの馬車ってネーミングセンスがやばくないですか。トロイの木馬のようなコンピューターウイルスを彷彿とさえる名前ですが、一体どういうものなのでしょうか。

シェアハウスを検討している人は、かぼちゃの馬車について学んで危険なシェアハウスに謝って入居しないようにする必要があります。

かぼちゃの馬車とは

かぼちゃの馬車とは、スマートデイズが運営している女性専用のシェアハウスです。都会にとても近くて4万円代という非常に安い家賃です。

都内に上京してきて、家賃なんかにお金を捻出したくないと思っている人には絶好の物件なのではないでしょうか。

この物件は建築士から以下の意見がよせらせています。

  • 安物設計
  • 入居者の視点を欠いている

窓がほとんど付いていなくて、室内灯で明かりを引いているようです。まさに、住むだけの家という感じです。

共同リビングも狭すぎて、同居人どおしのコミュニケーションができないという問題点があります。youtubeの動画でもワンルームのキッチンのような2人がやっと通れるかくらいの広さです。

シェアハウスの本来の良さが失われている気がする

シェアハウスを探している人は、家賃の安さが1番のポイントとして探しているという結果が出ています。

関連記事:シェアハウスが増加している理由。

都内でも安いのが売り文句であるシェアハウスですが、いろいろの人と交流できたり家賃の安さを超えるメリットもたくさん存在します。

関連記事:社宅を捨ててシェアハウスを選んだ理由。これからは社会資本が人生を豊かにする。

過去の記事で書いたように、人との出会いが自分を成長させてくれます。その他にも、趣味が幅広くなったり、自分の趣味で人に喜んでもらったりとたくさんのいいことがあります。

まとめ

シェアハウスのいいところは家賃の安さがあげられますが、その他にもいいところはたくさんあります。

やはり、みんなでワイワイすることやシェアハウスを離れた後でも助け会える存在になれることがシェアハウスの別の良さでもあります。

そのため、ハウスメイトと交流できる環境なのかなども検討の1つの項目にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ヒルナンデスで話題の異世代シェアハウス。家族の絆は親子でじゃなくてもいいかもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です