シェアハウスのプライベート空間は大丈夫か。重視する人は角部屋の個室タイプの部屋を選ぶべき。

シェアハウスで気になるのが、プライベート空間がきちんとあるかということだと思います。ワンルームなどの1人暮らしと比べれば、プライベート空間がありませんが、神経質な人でも十分住むことができます。

関連記事:シェアハウスは神経質な人にこそおすすめ。向いている人の特徴。

シェアハウスに住む時には、プライベートを重視するかしないかで選ぶべきシェアハウスの種類や場所が変わってきます。今回は、プライベート空間を重視する人が選ぶべき部屋をご紹介します。

シェアハウスは個室タイプとドミトリータイプの2種類がある

シェアハウスは個室タイプとドミトリータイプの2種類があります。

個室タイプは寝室を含む個室がひとりひとりに与えられいるタイプで、ドミトリータイプは寝室も共同のタイプです。

個室タイプであれば、1人になりたい時には個室にこもればいいので、自分が好きなタイミングで一人きりになることができます。一方で、ドミトリータイプは1人の空間がないので、1人になりたい時は、自分が外出するなどをしなければなりません。

あくまでも好みの問題ですが、たまには1人になりたいという人は必ず個室タイプのシェアハウスを選ぶべきです。

よりプライベートを重視したい人は共同スペースを通らない部屋がいい

さらに、プライベートを重視したいという人は自分の部屋の位置が重要になっていきます。

挨拶をするのも面倒なほど疲れている時は誰しもあることだと思います。

共同スペースを通る導線の部屋に住んでいる人は、家から帰ってくるとき、トイレや洗濯、お風呂などの部屋を出るたびにいちいち挨拶をしなければならず、意外とストレスになることが多いです。

そのため、より気を使わずに生活したいという人は、共同スペースを通らなくても良い角部屋がおすすめです。角部屋は住人の騒音なども聞こえづらいので、他の部屋と比較して少し賃貸料が高い場合が多いですが、シェアハウスのデメリットである他の人の目線を気にしなくても良いということが軽減されます。

まとめ

いくら共同生活に慣れていても、1人になりたい日が必ずあります。個室に入ってしまえば、プライベート空間はきっちりとあるので、プライベート空間を重視する人は個室タイプのシェアハウスを選んだ方が絶対に良いです。

また、もっとプライベートを重視する人は角部屋にするのが良いと思います。

角部屋で個室の部屋を選べば、よる快適な生活が送れます。まず、気になっている物件がある人は一度内見をすることをおすすめします。

関連記事

会社員がシェアハウスに住む3つのメリット

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です