ファスティング時の頭痛やめまいなどの不調が起きた時の対処法

ファスティング中にお腹が空きすぎて頭痛やめまいなどの不調が起きる場合がありますが、これは正常なファスティングの効果になります。しかし、不調のまま苦しい期間を過ごすのは嫌ですよね。

今回は、ファスティング中に不調が起きた時の対処法をまとめました。

不調はデトックスができていることのサイン

ファスティングを開始して最初の数日は、不調を感じるようになります。これらの不調は細胞が活性化してデトックスがしっかりと行われていることのサインとなります。

発症しやすい不調

  • 眠気
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 腰痛
  • 脱力感
  • 冷え

この症状は、普段の生活習慣やホルモンの状態によって大きく差がでます。普段、飲み会でアルコールを多く摂取していたり、昼に時間がなくてインスタント食品で昼食を済ましている人は、体に溜まった老廃物を排出しようとするため、この不調が発症する傾向があります。

不調が起きたときの対処法

症状ごとの対処法をまとめました。

頭痛:ミネラル補給

頭痛の原因は低血糖によるものです。ファスティングによる血糖値の低下が起きても血糖値を調整する機能がうまく機能しない時によく起きる傾向があります。日常的に甘いものを多くとっている人は血糖値をうまくコントロールできずに頭痛になってしましますが、1〜2日で治る可能性が高いのである程度は我慢してみましょう。

ダルい:塩分補給

ナトリウムやカリウムといった保水ミネラルが不足して、体内が脱水症状になって感じるものです。腎臓が不調であれば、肝臓から分泌されるホルモンの働きが保水ミネラルを調整する機能がうまく機能しません。その時は、塩分などを摂取して体外から保水ミネラルを取り入れてください。

めまい:ハーブティー

めまいなどの貧血は腎臓から赤血球を作る指定をだすホルモンが分泌されて、貧血を防いでいますが、ハーブティーのような利尿作用があるものを飲んで、血中の水分循環を高めて貧血を防止する方法があります。利尿作用の代表格であるアルコールやカフェインはファスティング中には刺激が強すぎつため控えましょう。

冷え:体を温める

ファスティング中は代謝が低くなり、体が省エネモードに入るために基礎代謝が落ちます。そのため、体を温めるためにホットドリンクを飲んだり、運動したりして体を温めましょう。また、深呼吸をすれば自律神経のバランスが整い体温が上がる効果があります。

準備食期間を長めに取ることで体がファスティングに慣れるように工夫します。ファスティングをする際の準備食期間の重要性についてはファスティングを安全に取り組む4ステップで解説しています。場合によっては無理をせずに中断することも必要です。また体調を整えて挑戦すれば、問題はありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ファスティング中に不調が起きた時には、しっかりと対策をすることで安全に実施することができます。

ファスティングのデトックス効果を利用して体の悪い成分を一気に排出してしまいなしょう。

少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

【長期連休】ゴールデンウィークはファスティングに挑戦!ファスティングをする目的とは

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です