時間の無い1人暮らしの会社員におすすめ!家事の時短アイテム

社会人は基本的に時間がありません。さらに1人暮らしとなると家の家事もする必要があるので、待ちに待った休日も溜まりに溜まった家事をしていると気づいたら午前中が終わっていたなんてよくあることです。

今回はぼくが時短のために使っているアイテムをご紹介します。

おすすめ1ロボット掃除機

最初のおすすめは鉄板のアイテムであるロボット掃除機をあげました。狭い部屋でもいちいち掃除するのは面倒くさいんですよね。しかも、ロボット掃除機を導入することで、平日の夜に家に帰って来ても、床がピカピカの状態でぼくを迎えてくれます。

そして、最も良いことは「床に物を置く習慣がなくなる」ということです。

そもそも、部屋を散らかさない習慣が身につくので、一石二鳥です。これで休日に掃除をすることは、ほとんど無くなりました。一人暮らしであれば、ワンルーム程度の大きさの人が大半ですので2〜3万円のロボット掃除機でも十分の機能がありますので、安価なものがおすすめです。

おすすめ2形状安定シャツ

洗濯機をかけてもシワにならずに、乾かしたらそのまま着て会社に行けちゃいます。

いちいちワイシャツにアイロンをかけずに済むので、かなりの時間が短縮できます。若いからこそ、スーツで通勤する社会人としてのシワのないワイシャツを着てビシッと決めていくだけでテンションが上がります。

ドラム式乾燥機も時短家電としてよくおすすめされますが、叩き洗いになるため、服が痛むので個人的にはおすすめできません。定期的に洋服を手にとって状態確認することも、身だしなみとして必要だと思います。そうしないと、気づかないうちに穴が空いている靴下とか履いて、恥ずかしい思いをします。

おすすめ3ドライクリーニング対応洗剤

ドライクリーニング対応洗剤を使用すれば、自宅でもマフラーやニット、アウターも洗濯できるようになります。洋服類って意外に重かったりするので、車を持っていないと持ち込みが面倒であり、受け取りも営業時間が限られているため、休日に取りに行ったりするようになります。

家で洗濯ができるようになれば、気になった時に洗濯すればいいので、いつでもできますし、経済的かつ衛生的です。

このドライクリーニングは結構コツがいるのですが、練習すればなんでも洗濯できるようになります。

まとめ

忙しい社会人でも、工夫次第で自由な時間を捻出することができます。

家事は毎日することなので、この時短を習慣化することで1年に換算すると計り知れないものになると思います。

初期投資として、いくらかの費用がかかりますが、時間を節約したいという人はぜひお試しください。

関連記事:会社員がアウトレットで買うべきおすすめアイテム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です