有給がとりたい。いい感じに聞こえる理由を考えてみた。

有給がとりたい。最低でも完全消化でとりたい。2019年度4月から有給取得の義務化になり最低5日の有給取得が義務化になりました。たった5日かもしれませんが、乗るしかないこのビックウェーブに・・。今回の法律改定を期に会社は有給取得により寛容になっているはずです。

有給を取れるかどうかで会社員の「ワーク・オブ・ライフ」は向上するものです。本来なら有給を取得する際に理由なんて必要なく、「私用」で十分だそうです。しかし、これでいいのでしょうか。せっかく上司が承認してくれているのだから、嘘でもいいから心地良い理由でキメ顔で答えたいものです。

今回は有給取得時のいい感じに聞こえる理由を考えてみました。

田舎の両親が遊びにくるので

「親孝行=やさしい」というプラスイメージもあり、好印象のイメージを与えるのではないでしょうか。さらに、田舎の両親が遊びにくるということは、観光地を案内することになるため、外に出て大はしゃぎしても問題ありません。

バイト時代の時、シフトを休んだアルバイトがインスタに旅行している写真をアップしたことがばれて炎上したことがあります。有給といえども、病院にいくとか仮病はあまりおすすめしません。

東京ガスの人が点検にくるので

ずーと家にいる人は、点検があります。点検は期限などが決まっているため、有給を取得して平日に対応することもしばしばありますよね。休日であれば、予約するのも混雑していて一苦労ですので、ここはあえて平日に用事を済ませつつ、家でまったりするのも良いかと思います。

職場の周りの人に律儀に点検に対応するという好印象を与えることができるかもしれません。

彼女とディズニーランドに行ってきます

デートで鉄板のディズニーランドも休日と比べれば平日が空いているので、言い訳としては現実的だと思います。また、キャラにもよりますが、部下の色恋沙汰を見守りたいという上司は意外と多いと思います。

自分のプライベートのことも有効的にさらけだすことで、上司と良好な関係が築けて有給もついでに取得しやすい環境を構築しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

有給は完全消化が望ましいです。1時間2000円の時給であるとすると、1日の時給は8時間×2000円=16000円くらいします。年間20日有給を付与される人は20日×16000円=32万円分の価値があります。

32万円ですよ。海外旅行に行けますよね。なんて勿体ないことをしているんだという気持ちなりますが、有給を取れるか取れないかなんて、一歩踏み出す勇気なのかもしれません。

少しでも参考になっていただければ幸いです。

関連記事

【必勝】会社の飲み会を確実に断る言い訳

【驚愕】「すごい手抜き」から学ぶ仕事の進め方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です