有給が取得しやすいキャラ設定。事前準備は大切です。

有給が取りづらいと感じている一方で、有給をたくさん取っている人ってどこの職場でもいると思います。仕事ができることに関わらず、なんであの人が・・。という人ってなんで有給が取れるのでしょうか。

完全に有給を取得しやすいキャラ設定が出来上がっていることに理由があると感じています。

有給を取得する雰囲気づくりも重要な作業になっているのだと感じています。

趣味に全力を出している

「今度、趣味の◯◯があって、休みます」

趣味を全力に取り組み、職場内に公にしている人は、結構すんなり有給をとれると思うます。

大切なことは、全員に公言していることです。有効な関係を構築できれば本人の仕事が終わりそうにない時でも、周囲が手伝ってくれたりといいことばかりです。

特に熱狂的な趣味などがない人は「旅行」がいいのではないでしょうか。旅行であれば、飛行機代の関係で日程をずらすために、金曜日か月曜日に有休を取ることが明確ですし。なによりお土産を買っていくという作戦が使えるので、気軽に有休をとる手段として有効です。

病気がちなペットを飼っている

「ペットの通院なら仕方ないよね。」

病気であれば緊急性があるので、職場の人に有休が認められるはずです。この法則を利用して、病気がちなキャラを作ってしまうのはどうでしょうか。自分自身が嘘で病気がちであるというのは、無理があることがおおいので、飼っているペットが病気がちで定期的に病院に連れていかなければならないなどの理由を言って休んでしまいましょう。

ペットであれば、会社の人が家に遊びにくることもないと思いますで、嘘でもバレることはないと考えています。

なんの音沙汰もなくしれっと休む

最終的にこのキャラが最強なのかもしれません。

時に理由なども聞かれずに、定期的にしれっとと休んでいる人がいます。

「そういえば、今日休みだったか・・・。それなら、明日聞こう。」

たまに休むことがみんなの共通認識であるキャラであれば、急に休んでもだれも驚きません。

この領域に早く到達してみたいです。

まとめ

有給を取りやすくするために、自分のキャラ設定が非常に重要になっていきます。やはり、真面目で働き者のキャラであれば、有給を取るのも至難の業なのかもしれません。

それにしても、有給を取るためには事前準備を入念に行なって、自分のキャラをしっかりと確立しましょう。

関連記事

有給を消化するなら残業をしないといけいない件。それでも有給を消化する必要がある思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です