睡眠不足を解消するには? 忙しい社会人も熟睡する方法

忙しくて、ちゃんと次の日に備えて寝なくてはならない時に限って、なかなか寝られないことってありますよね。寝よう寝ようと強く思っていると不安感や焦りなどからのプレッシャーでむしろ眠れなくなりますよね。気づいたら1〜2時間経過していたなんてよくありました。

眠れなくなった時にはいっそのこと眠らないという選択肢もあるようですが、仕事でうとうと寝る訳にはいかないというのが社会人です。

そこで、今回は無理やり寝て、次の日を乗り切るために、ぼくが実践している方法をご紹介します。

筋トレをする

眠れない時には、全力で腕立て伏せや腹筋とかしています。疲れきったらベットに直行することで眠る作戦です。筋トレをサボりがちなぼくにとっては一石二鳥です。この疲れて眠くなるというのは、短期間でできるのでまずはこの方法を試しましょう。

ランニングは脳が覚醒する効果があるため、逆効果となってしまうので注意しましょう。

読書をする

筋トレしても全く眠れない。という人は、読書をして活字をみるのもありです。携帯とかパソコンだとブルーライトの光によって目が刺激されるため、逆効果ですので注意しましょう。難解な文章であれば、頭が思考停止状態になり眠くなること間違いなしです。

どんどん瞼が重くなっていずれ眠たくなります。

眠くないのにベットにいると余計に眠くなくなるので、机で読んで眠くなったらベットへ飛び込むというのが、スッキリ眠れる方法です。あえて、難しい本を選ぶのもいいかもしれません。

湯船に浸かる

筋トレしても読書をしても全然眠くならない時には、湯船に浸かりましょう。体が温めることで、体は体内温度を下げようとする機能が働きます。これは、体内温度を下げて眠くなります。

なかなか寝付けないというひとは、毎日湯船につかることを習慣づけることで、布団に入る頃にはちょうど眠くなるというサイクルを作ることができます。

まとめ

日勤の会社員であれば平日は朝早く起きなければなりません。勤務中にうとうとして寝ないためには規則正しい生活が必要です。ご紹介した方法を試してみて、忙しい生活の中でしっかりと熟睡して、最高の仕事の成果を出しましょう。

関連記事:初ボーナスで高級ベットを買うのがおすすめな理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です