社内転職での志望動機の書き方のポイント

入社3年目で社内転職を成功させました。社内転職をしようと思った時に、インターネットや本やで情報を探しましたが、社内転職についての情報なあまりなくて苦労しました。他社へ転職などはよくあるのですが・・・。とはいえ、職場の周りにも社内転職を経験した人はほとんどいないと思います。

社内転職をするために、志望動機の書類選考とその後の面接を潜りぬけました。志望動機を作成するにあたり、合格を勝ち取るためにどんな志望動機にすれば良いか考えました。

動機はあくまでもポジティブな理由にする

「今の職場は上司がうざい、職種に絶望を感じて・・・。」のようなネガティブな理由はNGです。採用権限を持っているのは、異動先の上司であることが多いので、仕事に対して真面目に取り組んでいない雰囲気を感じ取られたら、確実に書類選考で落とされます。本当にそうだとしても、一捻りしてポジティブな志望動機にしましょう。

「上司がうざい→幅広い人脈を形成したい」

「今の職種に絶望を感じて→現在の業務を他の領域でも活用して、会社に貢献したい」

ここで、ポイントは嘘をつかないということです。志望動機は面接の時に深掘りされるため、嘘であることがバレるリスクがあります。

「どんな人材になりたいか」よりも「どんな能力を持っているかをアピールする」

社内転職は第2新卒の採用試験ではありません。そのため、全力で頑張るのような熱意を全面的にアピールすることは無意味です。入社3年目でも、今までのキャリアが異動後にどう有利に働くかを考えて、そこをアピールしなければいけません。

そのため、過去の経験を絡めた志望動機は社内業務で得た能力をアピールしなければなりません。大学時に部活頑張ったとか、これを研究していたとかはやめましょう。入社歴が浅ければ、仕事の成果を具体的にアピールすることは難しいかもしれません。そんなことにならないように、普段の仕事は少し背伸びをしてでも、難しい案件を任せてもらえるように努力しましょう。

まとめ

社内転職は仕事の忙しさとの勝負です。そのため、しっかりと社内転職について考えていないと気づいたら提出期限きりぎりっということになりかねません。もちろん、選考で評価される人材になるためには、前もって種まきをすることも必要です。

社内転職は、受け入れ枠が少ないというデメリットがありますが、しっかりと対策する人も少ないと思います。

今の職場を変えたいと考えている人は是非ご参考にしてみてください。

関連記事:社内転職を実際にしてみて感じたメリット

社内転職の成功する秘訣と対策

【体験談】社内転職(社内公募)を成功させるための準備についてまとめてみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です