社内転職中の気まずい職場のやり過ごし方

昨年の人材公募制度を利用して、社内転職をみごと果たしました。4月から異動の募集でしたが、上司に報告したのは9月ころでしたので半年間くらいぎくしゃくしていました。

ぼくの場合は、「今の方がキャリアにつながる」とか「不満なところは何?改善するように努力する」と言われました。まあ、上司にとっては、仕事にコミットする部下が必要みたいです。上司の視点からすれば、部下の教育も評価の一部になっているようで明らかにテンションが下がっているようでした。

そして最も気まずいのが内示後の職場の雰囲気です。これは年度末に仕事の残件とか追い込みモードに入っている中、4月からは全く関係ない人になるため、繰り越しで業務を抱えたりしないためです。完了できない業務なども当然あるので、他の人に振る作業が発生します。人によっては「どうせ、来月から関係ないからどうでもいっか・・。」と嫌味を行ってくる人もいました。これは、ギャグなのでしょうか。

今回は、ぼくが工夫していた気まずい職場のやり過ごし方をご紹介します。

あくまでもビジネスライクの関係で仕事をこなす

社内転職を誰しもが理解して、背中を押してくれるわけではありません。これは職場の一人当たりの仕事負担が増えたり、そもそも人の成功を喜ぼうとしない人が存在するからです。そんなことをいちいち気にしていると疲れるので、気にしないでおくことがいいです。一緒に仕事をするのも残り少ないと思って割り切って過ごしましょう。

ただし、仕事をまっとうしないというのは、自分の成長にも繋がらないので、成果は出す努力は必要です。どんな人であっても目の前の仕事を円滑に処理する人は必要がられます。ビジネスライクの関係で仕事を淡々としてれば良いのです。

逆に楽しみ感を演出するのは有効だと思う

嫌味を言われて、恐縮した姿勢をとるのは自分の立ち場を不利にさせるだけです。

内定が公表されてからは、むしろ「異動先の部署はどんな仕事をするのか」や「社内転職した感想」などを前面に出していっても、良いと思います。こうすることで、社内転職に興味を持つ人が集まってくるので、肩身が狭い思いはしませんでした。

嫌な顔をする人は無視してもいいと思います。自分が送る立場になった時に全力でサポートできる存在になっていれば良い話です。

まとめ

社内転職が職場に発覚した時には、初めは気まずいと思っていました。しかし、よく考えてみれば、もう一緒に仕事をするかもわかりません。職場の人間関係なんて非常に狭いコミュニティなんだなとおもいました。周りを見れば、転職を繰り返している人もいるし、大企業であってもそんなに変わらないと思います。

大切なことは自分の軸をしっかりと持って、他人を気にしないことです。

社内転職で気まずい思いをしている人に少しでもご参考になれば幸いです。

関連記事:

社内転職での志望動機の書き方のポイント

社内転職を実際にしてみて感じたメリット

社内転職の成功する秘訣と対策

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です