社宅を捨ててシェアハウスを選んだ理由。これからは社会資本が人生を豊かにする。

もともとは社宅に住んでいましたが、勤務地から遠すぎるので大企業の特権である社宅を捨ててシェアハウスに住み始めました。

シェアハウスに変更したことで、住宅費が多くなりかなり財布が寒くなりましたが思い切って変えてよかったと思います。

大企業であるからこそ、安易に社宅にはすまないほうがよいかもしれません。

社宅制度は、大企業からの踏み絵かもしれない

社宅に住めば、貯金がすごく貯まるようになります。

社宅の相場は月1〜2万程度が相場ですので、都内のシェアハウスが6〜8万円だとすると年間で50〜70万円ほど変わっていきます。年収でいうと100万円くらいにもなります。

そのため、社宅が整備されている企業の年収は多少すくなくても余裕のある生活がおくれます。

しかし、もちろんデメリットもあります。

意外とモヤモヤが多い「住宅手当」

住宅手当に関しては、受け取る人によってモヤモヤを感じている人が多いようです。

ぼくが感じる最大のデメリットは、「会社の忠誠心が芽生えてしまう」ということです。本当は、社宅が嫌なら自分で家を借りれば良いのですが、年間100万円の損をしてしまうと考えるとなかなか社宅からでることはできません。

これは、転職する際も同じかもしれません。

大企業で社宅でぬくぬく生活している人は生活水準がかなり高くなってしまう傾向があります。ぼくの職場の人でも社宅でお金が貯まると思いきや、海外旅行や趣味にお金をかけすぎてお金が貯まっていない人が多くいました。

人生の豊かさって会社で働いて最大限に貯金をすることではないと思います。そういった意味でも、本当の自由を得るために会社の鎖から抜け出さなければなりません。

シェアハウスで社会資本が積み上がる

社会資本とは仲間やコミュニティのことを指しています。

大企業で社宅生活をしているといつも同じ人と出会うため、プライベートで新たな出会いがほとんど無くなります。

「社会人になったら友達ができなくなる」とどこかで聞いたことがありますが、これは典型的な社宅に住む会社員の話です。

シェアハウスに住めば、ハウスメイトと知り合い、その友達とも知り合うことになるので、プライベートでの人間関係がかなり広がります。

会社にしか知り合いがいないし、プライベートでの人間関係はないのがほとんどだと思うので、新しい刺激がないまま、大学や高校の友達のようなずっと同じ人とプライベートは遊ぶようになってしまいます。

まとめ

社宅からシェアハウスに住んでみて、住宅費は高くなってしまいましたが、通勤時間の短縮で朝ゆっくりおきたり、社外の人とプライベートで仲良くなることができました。

人生の豊かさは「時間・お金・健康・人」の4つと言われていますが、シェアハウスにすんで、お金以外を手に入れられたように感じます。

人生を豊かにするためにシェアハウスに住んではいかかでしょうか。

関連記事

上京するならシェアハウスか一人暮らしか。大学生や社会人別に考察してみた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です