終身雇用が終焉した未来。新卒の給料は支払われないと考えている話。

大企業であっても終身雇用は保証できないというニュースが話題になりました。

関連記事:大手でも終身雇用は難しい。トヨタ豊田社長もついに言及。

あの日本を代表するトヨタ自動車の社長も終身雇用が今後厳しくなっていく。と発言しています。

ぼくは、安定雇用を求めて大企業を目指して頑張って就活してきましたが、実際に今後働くとなると入社したからといってどうなるか分からない状態となってしまいました。

今後、ぼくらは未来を予測して、頑張って社会の荒波を乗り切るしかないようです。

まず、はじめに解雇されるのは40〜50台のおじさんたちから

ぼくは20台後半ですが、真っ先に首を切られることはないと考えています。それは、若手は給与が比較的少ないからです。

若手であれば、有能なスキルを持っていなくても、会社の手となり足となり、低賃金で働いてくれるのでそこまで会社の負担にはなりません。一方で、40〜50台の年齢になってくると、成果の割には給与が高い状態となっている人がほとんどだと思います。

これが、終身雇用である日本の年功序列制度の恩恵なのですが、はじめの終身雇用制度の改革によりこの年齢層が解雇されそうです。

解雇された人はどうなってしまうのでしょうか。考えるだけで恐ろしいですね。

ぼくの会社には労組組合があるけど、結局は機能しないと思う

ぼくの会社には労働組合という組織があります。これは、不当な解雇や賃下げをさせないようにする団体で大企業の福利厚生と給料が高いのはこのためです。

組合が存在している間は、犯罪行為など余程の悪事を働かなければ定年まで働き続けることができました。

しかし、終身雇用がなくなった場合では、成績不振や利益に貢献しないなどの正当な理由があれば、組合の合意のもと解雇できるようになってしますのではないでしょうか。

賃金も年功序列ではなくなるので、もはや組合がいる必要はないのではないかと思っています。

終身雇用がなくなったその時、新卒で給料をもらえるとは限らないはず

終身雇用はなくなった場合、金食い虫のポジションである40〜50台は最適化がはかられる一方で、20台はどうなっていくのでしょうか。

企業は雇用者に対して、よりシビアな労働の対価しか支払われなくなってしまうと考えています。つまり、「若手=スキルがない」ということになるので、新入社員の給料は現在よりも低くなってしまう可能性があります。

若くても優秀な人がお金を稼ぐような時代になり、貧富の差が拡大してくような気がしてなりません。

まとめ

終身雇用が終了したら、おじさんのみならずに若手もシビアな世界がまっているような気がします。

そのため、ますます能力を磨くことが重要になってくるので、全力で勉強しなければならない厳しい時代になってしまうのかもしれません。

関連記事

【悲報】終身雇用がいよいよ崩壊。これからの会社員の働き方。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です