転職で人間関係をリセット。まずは社内転職を検討してみましょう。

転職したいと考える人は「人間関係」で悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

人間関係の悩みを解消するためには、転職するなどの自分から異動していくか休職などをして、嫌な人が異動するのを待つかです。

嫌な上司に当たっても大企業であれば2〜3年我慢すれば異動して一緒に働かなくて済むのですが、毎日顔を合わせなければいけないので、ストレスに耐えきる自信がないと思う人も多いと思います。

そんな時には、自分の力で環境を変える必要がありますね。

転職を検討する人も多いですが、転職は時間と労力のコストがかなりかかり疲弊します。待遇には不満がなくて人間関係のみ改善したいという人は、さくっと「社内転職」がコスパがいいです。

社内転職であれば、普通の転職と比較して簡単に異動できますし、退職のめんどくさいやりとりもありません。今回は社内転職で人間関係をリセットして、感じたことをご紹介します。

もう他人と比較されない

社内転職は同じ会社でも職種を変えることになります。同じ職種であれば、現在一緒に働いている上司や同僚とも廻りまわって、将来一緒に仕事をすることになることも多いです。しかし、職種を変えれば、一緒に仕事をする確率はかなり少ないです。

そして、社内転職の大きなメリットはスキルを比較されないということです。同期と比べてどっちが優秀だとか。いちいち比較されないです。みんなで力を合わせるチームワークがある職場では、人間関係が良好であることが多いです。

仕事をできる人は職場の縄張り意識が高いことが多く、人間関係を悪化させる要因となります。

もう他人と比較されなければ、人間関係を良好に社会人生活を過ごすことができます。

前職のスキルや経験を武器にできる

会社が同じなので、通例のルールであったり、商材は変わりません。そのため、職種を変えても、ハードルが高くなるどころか、前職のスキルや経験が生かされてむしろ重宝される存在になります。

能力がある人は、他人に必要がられる傾向にあります。自分が慢心せずに謙虚なしせいであれば、もう人間関係に悩まされる必要がありません。

まとめ

仕事で人間関係に悩んでいるのであれば、さくっと社内転職がおすすめです。転職を考えている人は、会社に社内転職の制度があるのかを確認してはいかがでしょうか。

少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

社内転職の成功する秘訣と対策

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です